住宅購入の予算決定

住宅予算の大部分を占める土地の代金

住宅の建設を前提として土地の購入を考えたとき、土地の代金は住宅購入予算の大部分を占める傾向があります。一般的に、都市部に近く生活利便性が高いエリアにある土地ほど高価になりますが、建物の建築費用が足りなくなるほどの代金を払うのは避けましょう。土地と建物にバランスよく予算を配分することが大切です。予算配分に正解はないので、新居でどのような生活スタイルを望むのかよく検討してみましょう。親の住居の近くに住みたいとか、海の近くに住みたいなど、条件が明確な場合は土地を検討するエリアと予算が限定的になります。また、土地の広さを重視して探す場合は、候補となるエリアが多く想定される購入費用も幅が広くなるはずです。不動産仲介企業などに相談するのもよいでしょう。

設計士に相談して魅力的な住宅を手に入れよう

予算にかなりの余裕がない限り、理想的な土地を購入するのは難しいかもしれません。暮らしやすい土地は高価な傾向にあり、そのような土地がタイミングよく売りに出ているとも限らないからです。交通利便性は高いが少し狭い土地など、妥協が必要になる事例はめずらしくありません。しかし、そのような状況でも最終的に入手する住宅を快適にする手段はあります。住宅メーカーに所属する設計士とよく相談すれば、妥協して購入した土地だとしても上質な住宅を建てることは可能です。狭い土地には広い住宅を建てられないと考えるかもしれませんが、3階建てにしたり2階建てに地下フロアを作ったりすれば居住面積を広く確保することができます。土地を探し始める段階で住宅メーカーと相談すると、予算配分や間取り設計の点でよいアドバイスを得られるかもしれません。