希望条件の優先順位付け

予算と生活スタイルを考える

土地探しの際に大切なのは、希望となる条件をしっかりと整理し優先順位をつけておくことです。最初に支払い可能な予算の上限を決めておきましょう。土地の価格は周囲の環境や駅へのアクセスなどで大きく異なるので、予算との兼ね合いで購入可能な範囲を考えておく必要があります。家の建築費等を考慮した上で無理のない予算設定をしましょう。次にポイントとなるのがオーナーと家族がどのような生活を望むかということです。例えば子供の生活を第一に考えるなら、学校へのアクセスが良い、近くに広い公園があるなどが挙げられます。高齢者であれば病院やスーパーなどが近所にあると生活がしやすいです。さらに勾配のあまりない平地であることが望ましいでしょう。このように生活スタイルは各々違うので、自分と家族に会った条件を事前に良く考えて優先順位をつけておく必要があります。

土地の情報を収集しよう

希望の条件がみえてきたら具体的な土地の情報を収集していきます。最近は温暖化等による災害が多いので、洪水や大雨による浸水の恐れ、土砂災害や液状化などを確認する必要があります。購入後に後悔することのないよう、地域のハザードマップや行政のサイト、過去の災害情報等をよくチェックしておきましょう。希望の候補地が見つかったら実際に何度も足を運んで日当たりや周辺の雰囲気、時間帯による交通量などを確認しておきます。

家に面した道路幅も重要なポイントです。除雪車や緊急車両が通行可能な4.5m幅が望ましいですね。さらに建ぺい率や容積率など、その土地に課せられている条件や制限などもよく確認しましょう。その際ハウスメーカーや工務店など家づくりの専門家からアドバイスを得ることも大切になります。